地盤調査をお考えの方はお家の傾きレスキューにお任せください! 施工実績3,000件以上 詳細な報告書をご提出!
皆さんご存知のあの施設も!多くのお客様にお選びいただき施工実績累計3,000件以上 地盤調査 お家の傾きレスキュー
経験豊富な自社職人で安心!必要な専門機械もすべて自社所有 自社機、自社職人による自社施工 調査 お家の傾きレスキュー
業界唯一のサービスで納得! 施工内容をわかりやすく記載 安心・納得の調査報告書をご提出 お家の傾きレスキュー
相談のみOK お家の傾きレスキュー 無料レーザー診断 調査はプロにご相談ください!
私がお客様のお悩みを解決します! まずはお悩みをお聞かせください! 無料レーザー診断 相談のみOK

地盤調査事例

地盤調査をご依頼いただき問題が解消したお客様の施工事例のご紹介です。気になる事例が見つかったら、お気軽にご相談ください。


その他にも豊富な施工事例があります 地盤調査
相談のみOK お家の傾きレスキュー 無料レーザー診断 地盤調査のプロにご相談ください!
お家の傾きレスキュー 無料レーザー診断 相談のみOK 地盤調査ご相談ください!

実際のアンケートも掲載中!地盤調査をご依頼いただいたお客様の声です。


地盤調査 お客様よりたくさんの声をいただいております

  • 地盤調査 代表挨拶
  • お家の傾きレスキュー 会社概要
  • お家の傾きレスキュー 企業理念
  • お家の傾きレスキュー スタッフ紹介
  • お家の傾きレスキュー 代表挨拶
  • お家の傾きレスキュー 会社概要
  • 地盤調査 企業理念
  • お家の傾きレスキュー スタッフ紹介
調査

この度は、株式会社ティーエム産業のホームページをご覧いただきありがとうございます。
地盤調査(じばんちょうさ)とは、構造物などを立てる際に必要な地盤の性質の把握などを目的として、地盤を調査することです。 この調査により、地盤強度などが判明し、設計を行い構造物が施工できるようになります。

地盤関係の工事には専門的な地盤調査、専門的な技術が必要になります。
当社では20年以上地盤の工事等に携わった高い技術を持った職人が、安全にそして正確に施工をいたします。
日々慢心することなくより高い技術を習得する為、日々努力し、お客様に安心して生活を送れる為の地盤をご提供いたします。

お家の傾きレスキュー (株式会社ティーエム産業) 代表 玉城 正義

地盤調査ブログ

  • 家の傾きについて

  •  今回は、地震で被害に遭われた方々、家の傾きにについて気になる、悩んでいる人に対して弊社が出来る事があればと思い、作成致しました。
     以前に投稿した記事と被ってしまう部分が多々あると思いますが、「まとめ」と思ってください。

     傾きにくい家を建てるには建てる前にやっておくべきことがあり、家を作る際に業者さんにお任せするという人が多いでしょう。勿論普通の事だと思います。信頼できる業者さんであればお任せしても大丈夫かと思いますが、家を建てるのが初めてであればどの業者さんが良いのか悩む人がほとんどなのではないでしょうか。今現在、沢山の業者さんが存在しているため選別が難しいと思います。
     今回は、家を建てる前の知識ではありませんが、既に建っている家の傾きについてまとめてみました。少しでも自身で知識を身に着けておくことで未然に防ぐ事ができると思いますので、是非最後まで読んで頂きたいです。


    Ⅰ. 家が傾いてしまう原因

    ①、地震
     地震により、広い範囲に渡って地盤が沈下してしまうことと、家が左右に揺れることで、地面が建物の重みに耐えられなくなることがあります。
    また、地震による被害は、「液状化」という地面の中にある土が液体状になる現象があります。
     今回、水はけが良い場所で液状化が発生したという事で、驚いた方が沢山いたと思います。しかし、水はけが良い地盤というのは、砂質土(さしつど)と呼ばれる水を通しやすい、排水しやすいといった特徴をもっていて、地震が発生することにより粒状化現象が起こります。これにより土粒子が破壊されて細粒(こまかい粒)になる事で水を含んだ土とともに浮き上がり液状化が発生します。液状化後の地盤は急激に耐力を失い、比重の大きい建物などが沈下してしまい、比重の小さいものは逆に浮き上がってきます。

    ②、地盤沈下
     地震による沈下以外にも存在します。元々、川も近く、海岸、田畑、畑、谷などの場所を埋め立て建てた家は、盛土(もりど)と言われる元々ある土地に土を盛る事をして平坦な土地を作っています。もとが軟弱な地盤のため、盛った土をしっかりと締固めしていなければ沈下する事があります。また、長い時間をかけて沈下していく圧密沈下というのもあります。

    ③、老朽化
     築年数が古い家の場合は基礎部分が脆くなっている事が多く、その部分に重さが生じてしまいます。最悪の事態を防ぐために、一度検査などしてみることをおススメします。

    Ⅱ. 家が傾いてしまうことで起こる被害


    ①、窓の閉まり、鍵のかかりが悪い
     窓に関してですが、状態によって簡単に直ってしまう事があります。滑りが悪いかもしれないと市販などで売られている滑りを良くするスプレーで閉まりが良くなったり、業者に頼むなどすることで直ってしまうので比較的軽度な被害と言えます。

    ②、外壁の亀裂
     まず、外壁がどうして亀裂を起こしたのか調べる必要があります。それを知らない状態で修復しても再度亀裂が発生する可能性があるからです。
    ここで、外壁の亀裂が起こす被害をご紹介しておきます。

    ・雨漏り
     亀裂が起きるとその亀裂から雨水が浸入してしまいます。最初の方は家の内部に影響はありませんが、時間が経つにつれて家の内部に雨漏りが起こってしまう可能性があります。

    ・カビの発生
     外壁の亀裂により雨水が浸入すると湿気によってカビが発生しやすい環境になり、知らない間に身体に悪い影響を及ぼしている可能性があります。

    ・建物の耐性が下がる
     外壁の亀裂を放置してしまう最悪の事態は、家の外装の大半を占めるセメントを主成分とした「モルタル」という壁や釜で焼いた「サイディングボード」というパネルの下地(木部)が腐食して、腐食しすぎると外壁材を取り替える必要が出てきます。
     さらに、外壁の亀裂から浸入した水は外壁内部の構造体にも浸透し、シロアリ等が発生してしまう可能性があります。その結果、建物自体の地震や災害に対する耐性が下がってしまいます。

     このような事態にならないためにも迅速な対応が必要です。正しい順序で、まずは、家の傾きから疑いその次に外壁といった家の部分的なところの修理を検討するのが良いでしょう。もっと言ってしまえば、家の地盤がどのような状態なのか知っておくのが大事です。


    ③、丸い物が転がる
     ビー玉が一般的に主流だと思われますが、丸い物を家の床に置いた時に転がりだしたというのは昔のテレビ番組でも見たことがあるのではないでしょうか。何かの作業をしている時に丸い物を床に落とし転がってしまったら一旦作業を中断して取りに行かなければいけない不便さがあります。ビー玉が転がるということは家に傾斜があるということですが、転がるからといってすぐに焦る必要はありません。新築などでも起こる現象です。
     それはなぜかというと、人間が建てている以上多少の誤差があるからです。これは私達がレーザー診断という傾き度合いを計測しに行った時にもあることで多少の傾きはあるが許容範囲であることがあります。許容範囲については次の『Ⅲ. 家の傾き許容範囲』でお伝え致します。ですので、一概には言えないということで、今後そのような問題に直面した場合は、インターネットなどを使用し調べてみることをおススメします。

    ④、人体への健康被害
     家の傾きが身体にまで影響を与えることに驚く人は少なくないのではないでしょうか。単純に考えてみると、斜めっている家で生活をしていると違和感とともに普段とは違う生活のため身体に変化が起こってくるでしょう。坂道に何時間か居るとわかるかもしれません。この身体の変化というのが良い事ではないのです。、健康被害は傾斜の度合いによって変わっていきますので、度合いについては『Ⅲ. 家の傾き許容範囲』を見て頂ければと思います。ここで、箇条書きで主な健康被害を紹介します。
     
     ・めまい
     ・頭痛
     ・吐き気
     ・食欲不振
     ・睡眠障害

     上記のような症状が起こる事がありますので、許容範囲を超える傾きを放置することはできるだけ控えましょう。

    Ⅲ. 家の傾き許容範囲

     まずは、住宅品質確保促進法という法律で国土交通省が、瑕疵(かし)の可能性と一定の傾きで起こりうる健康被害の可能性をあらわした基準があります。下記の表にまとめてありますがご覧になる前に表の見方をご説明します。
     3/1,000とは、1,000mm(1m)あたり3mmの傾斜(けいしゃ)を言いますが、角度に換算すると"0.17度"です。
     床のある地点を基準としてそこから1m進んだ場所が基準地に対して3mm高い、もしくは低い状態で、部屋の長さを4mと仮定すれば、端から端で1.2cm高さが異なる計算です。

    傾きx/1,000mm角度瑕疵の存在の可能性(品確法)健康障害等
    3/1,000未満 1/1,000 0.06 低い 自覚症状なし
    2/1,000 0.11
    3/1,000 0.17
    3/1,000~6/1,000未満 4/1,000 0.23 一定度存する
    5/1,000 0.29 傾斜を感じる
    6/1,000 0.34
    6/1,000以上 7/1,000 0.40 高い 傾斜に対して苦情が出る
    8/1,000 0.46
    9/1,000 0.52
    10/1,000 0.57 目眩や頭痛が生じる
    17/1,000 1
    23/1,000 1.3 牽引感、ふらふら感がある
    30/1,000 1.7
    35/1,000 2 目眩、頭痛、吐き気、食欲不振
    52/1,000 3
    67/1,000 4 物が傾いて見える
    87/1,000 5
    105/1,000 6
    123/1,000 7 睡眠障害
    141/1,000 8
    158/1,000 9
     Ⅱ. 家が傾いてしまうことで起こる被害』でビー玉が転がっても焦る必要はないとお伝えしていたので、一般的な許容範囲とはどの程度なのか、上記の表を見て頂いた人はなんとなくこの辺だとわかるかもしれません。ですが、「ちょっとわからない」という人や「新築と中古では違いがないのか」などの疑問を抱いた人がいると思いますので、一般的な傾きの許容レベルは新築住宅が3/1,000、中古住宅で6/1,000が目安と言われています。
     しかし、3/1,000以下であれば健康被害はないと断言できるわけではありませんし、もし6/1,000以上の傾きがあったとしても、何も支障がなく生活ができていれば「許容範囲」となる場合もあります。あくまで「基準」ですので、その辺りは人それぞれとなるでしょう。
     次に、表の中にある「瑕疵(かし)」という部分についてですが、難しい言葉ですのであまり聞きなれないと思いますが、「欠陥」という意味だと思ってください。
     家の傾きが酷く生活に支障がでてしまう瑕疵(欠陥)が
    存在した場合に該当する住宅の販売者または建築した者が買主に対して10年間住宅の修復などを保証しなければならない瑕疵担保責任というものがあります。

    Ⅳ. 家の傾きを直す工法

    ①、アンダーピニング工法
     再沈下の危険性が非常に低い大変強固な工法です。工事は家の外側から下に穴を掘って行い、支持層と呼ばれる固い地盤まで杭を打ち込み、ジャッキというもので家を持ち上げます。工事中は在宅が可能で工事期間中に仮住まいを借りることなく、居住者への負担にもなりません。費用の目安は高めなので、しっかりと直したいという方におススメの工法です。

    ②、耐圧版工法
     固い地盤が比較的浅い(基礎下端から1m程度)所にある場合有効な工法で、固い地盤の上に板やブロックを置きジャッキを設置していきます。アンダーピニング工法と似ている方法になります。注意する点は、固い地盤が浅い部分にあることが条件になります。

    ③、土台上げ工法
    家本体の土台下に爪付きジャッキを入れて、ジャッキアップして持ち上がったことによってできた隙間モルタルに詰める工法です。少し詳しく説明すると、ジャッキを設置する基礎をはつ(けず)っていきます。はつ(けず)った基礎に対して爪付きジャッキを設置して家の土台と基礎を繋いでいるアンカーボルトを外し、ジャッキアップしていきます。次にジャッキを撤去し、アンカーボルトを締め、持ち上げてできた隙間にモルタルと詰めます。この工法は家全体というより家の一部分を持ち上げる工法ですので、一時的に傾きを直す工法といってもよいでしょう。

    ④、グラウト工法(薬液注入工法)
    地面に小さな穴をあけ、そこから薬液を注入していきます。一般的には2~3mほどの薬液注入工法ですので、再沈下対策や耐震性能は低いです。また、注入箇所・注入量などは経験値により、入れすぎてしまった場合、住宅に被害がでてしまいます。

     一般的な工法をご紹介したので、ここで、弊社が行っている工法をご紹介させて頂きます。


    Ⅰ、ハイグラウト工法
     地面に小さな穴をあけ、薬液を注入していきます。通常のグラウト工法は、2~3mほどの注入工法と聞きますが、ハイグラウト工法は、5m、10m、30mと削孔注入することができます。これにより液状化などでできた隙間も大震災に負けないほどの固い地盤にしながら土地を隆起させ、傾斜した住宅を元に戻します。
     こちらもグラウト工法同様、注入箇所・注入量などは経験値により、入れすぎてしまった場合、住宅に被害がでてしまいます。また、薬が地上に漏れてしまうことがあります。どの場所から薬が出てくるのか把握が難しいので、周囲に目を凝らしながら作業を行います。ですが、私達は公共事業でも薬液注入を行っていますので、得意分野であります。
    Ⅱ、ハイジャッキ工法
     アンダーピニング工法とほぼ同様ですが、固い地盤(支持層)が深い場所でもそこに到達するまでブロックの圧入を行います。ジャッキで持ち上げてできた空間を注入で埋めていきます。ブロック(杭)は強度が20t以上あります。またブロック(杭)だけではなく、鋼管等の圧入も行います。状況、状態によって使用・提案しています。



     弊社だけでなく、他の業者さんでも独自の工法を取り入れているところがありますので、是非一度見てみるのも良いかと思います。

    Ⅴ. 家の傾きを直す作業方法


    ①、家の傾き工事 <施工前>
     
     工事当日にA様邸(仮名)へ伺い、そこで写真を撮影します。
    家の傾き施工前

     このように施工場所などの写真を撮影します。 ※他にも各場所の写真を何枚か撮影します。
    撮影後は工事で使う道具などを準備します。

    ②、家の傾き工事 <掘削>


     ある程度の準備が完了したところで、人力掘削(穴掘り)作業に入ります。
    機械などではなく、人の手で穴を掘っていきます。

    家の傾き掘削作業
     写真のように人が入れるスペースの穴を掘ります。工事場所によっては左右に壁などがあり、横のスペースを広げる事が出来ない場合は縦に少し掘ったり、またはその穴に入れる人員を選択することもあります。

     ちなみに中の写真はこのような感じになっています。このスペースの中で次に行うジャッキを設置していきます。
    家の傾き掘削作業

    ③、家の傾き工事 <ジャッキ設置>

     人力掘削作業が終了したところで、ジャッキの設置を行います。
    家の傾きジャッキ
     ジャッキを設置する前に杭というものを地面に打ち込みます。地盤の固い部分である支持層というところに到達するまで何個も打ち込んでいきます。到達を確認したところでジャッキを設置していきます。

    ④、家の傾き工事 <ジャッキアップ>

     各ポイントにジャッキの設置が完了したところで、ジャッキで家を持ち上げる作業に移ります。持ち上げ作業も手動で行います。設置したジャッキに操作レバーを取り付け、各自、各ポイントに潜りこんで、合図する人の掛け声で同時に持ち上げます。

    ⑤、家の傾き工事 <束調整>

     ジャッキで家を持ち上げた際に束と束石の間に隙間が空くのでその部分を調整していきます。
    家の傾き束調整
     写真は調整した後になります。このような感じですべての束と束石の隙間を整えていきます。

    ⑥、家の傾き工事 <充填注入>

     いよいよ家の傾き工事も終盤を迎えていきます。
     充填注入では、ジャッキで持ち上げた際にできる隙間を注入作業で埋めていきます。A液(セメント)とB液(珪酸)を同時に地面へとおくっていきます。ちなみにB液(珪酸)は使用しない場合もあります。
    家の傾き充填注入

    ⑦、家の傾き工事 <施工完了>

     施工前とあまり変わらない状態にまで仕上げて作業完了です。
    家の傾き施工完了
     一通り工事の流れをご紹介致しました。他の業者さんと作業内容は多少違う部分はあると思いますので、参考程度に受け取ってください。

    Ⅵ. これまで登場した用語について

     この記事では様々な用語がでてきたと思います。文章中で簡単に説明しているものやそうでないものがあると思いますので、ここで詳しく説明していきます。

    ①、液状化
     地下水位が高い(地上に近い水位)などの砂地盤が地震の揺れによって含んでいる水に圧力がかかり、引っ張り合う力がなくなり砂が水に浮いたような状態になることです。液状化によって比重が大きい物は沈んだりし、比重が小さい物は浮いてきます。

    ②、圧密沈下
     土に含まれている水が長い時間をかけ徐々に抜けていくことで、土の体積が収縮していき沈下する現象です。土の中の水を間隙水(かんげきすい)といい、土粒子(土そのものの粒)と土粒子の間の水(間隙水)がなくなっていきます。この圧密現象は、不同沈下という「どちらか一方に沈下してしまう」家が傾く原因に多い沈下を発生させます。
    ③、瑕疵
     瑕疵(かし)と読みます。欠陥、欠点などと言ってもいいでしょう。通常、一般的には備わっているにもかかわらず本来あるべき機能・品質・性能・状態が備わっていないことです。

    ④、支持層
     建物を支えるのに適した地盤で固い地盤、強力な地盤がこの支持層です。支持層は各場所によって深さが違い、数メートルで達するところもあれば、数十メートルの深さまでいかないと達しないところがあります。

    ⑤、N値
     ここでは登場してきませんでしたが、N値という地盤の強度を表す値があります。N値が高い程良い地盤(固い地盤)です。
    ⑥、ジャッキ
     家の傾きでは、油圧ジャッキ・爪付きジャッキを使用します。油圧ジャッキは、人の力を何トンもの力に変えるもので、地面に穴を掘り地中に設置して家を持ち上げます。爪付きジャッキは、油圧ジャッキに爪をつけ、油圧ジャッキよりも浅い(地上に近い)位置からの重量物の持ち上げを可能にしたものです。



    >>詳しく見る
  • 地盤について知ろう 最終回 局所的地盤沈下


  • < 地盤について知ろう 最終回> お家の傾きレスキュー

     


     今回で「地盤について知ろう」は最終回です。この最終回では、家が傾いてしまう原因の沈下に多い「局所的地盤沈下」~対策まで見ていきたいと思います。

    局所的地盤沈下

     
     近隣の工事が原因で発生したり、盛土(もりど)や埋戻し土の軟弱な地盤に耐力を超える荷重が乗ってしまったことで起こります。
     

    盛土(もりど)

     
     元々ある土地に土を盛る事です。勾配を作りたい・なくしたい時に行います。盛土は、その名の通り「土を盛っている」ということで、盛った段階で土を締固めで強度を上げますが、適切な締固めが出来ていなければ、基礎として使用するにはあまり望ましいとは言えません。

    盛土を使用する時
    ・土地の勾配をなくしたい
    ・土地に勾配をつけたい
    ・圧密沈下する地盤を一定の高さにしたい
    ・有害物質の密封


    盛土の種類
    ・山砂
    ・根切り土の中の良質土
    ・他現場の建設発生土の中の良質土
    ・再生コンクリート砂

    埋戻し土

     
     埋戻しとは、基礎又は地下を造るために掘削した空間を、土で埋めることです。掘り起こした土で再度埋めていくという感じです。
     埋戻し土は基本的に良質な土の利用が原則ですが、発生土・汚染土や粘土質を使用する場合もあります。埋戻し土も盛土(もりど)同様で締固めを行いますが、適切な締固めがされていなければ強度はあまり強いとは言えない地盤です。
     

    圧密沈下

     
     土に含まれている水が時間とともに抜けていくことで、土の体積が収縮していき沈下する現象です。土の中の水を間隙水(かんげきすい)といい、土粒子(土そのものの粒)と土粒子の間の水(間隙水)がなくなっていきます。この圧密現象は、不同沈下という「どちらか一方に沈下してしまう」家が傾く原因に多い沈下を発生させます。

    対策

     
     みなさん気になる事の一つとして地盤の対策ができるのかが気になるところでしょう。私達個人で対策をするという場合には、業者選びと事前にどのような地盤なのかを知るということです。どのような地盤か個人で知っておくは非常に重要ですが、今現在では住宅品質確保促進法がありますので安心して良いのではないかと思います。
     
    >>詳しく見る
  • 家の傾きを直す工事

  • ホームページの施工事例の方でも作業手順はある程度把握できると思いますが、ブログの方でわかりやすく作業手順をご紹介させて頂きます。

    家の傾き工事 <挨拶回り>

    まずはじめに、工事日が確定後、工事開始前までに近隣の方々に挨拶を行います。
    「作業音がうるさいなどがありましたら弊社までご連絡下さい」などという文章を添えた紙をとともに全力で伺います。

    家の傾き工事 <施工前>

    工事当日にA様邸(仮名)へ伺い、そこで写真を撮影します。
    家の傾き施工前

    このように施工場所などの写真を撮影します。 ※他にも各場所の写真を何枚か撮影します。
    撮影後は工事で使う道具などを準備します。

    家の傾き工事 <掘削>


    ある程度の準備が完了したところで、人力掘削(穴掘り)作業に入ります。
    機械などではなく、人の手で穴を掘っていきます。

    家の傾き掘削作業
    写真のように人が入れるスペースの穴を掘ります。工事場所によっては左右に壁などがあり、横のスペースを広げる事が出来ない場合は縦に少し掘ったり、またはその穴に入れる人員を選択することもあります。

    ちなみに中の写真はこのような感じになっています。このスペースの中で次に行うジャッキを設置していきます。
    家の傾き掘削作業

    家の傾き工事 <ジャッキ設置>

    人力掘削作業が終了したところで、ジャッキの設置を行います。
    家の傾きジャッキ
    ジャッキを設置する前に杭というものを地面に打ち込みます。地盤の固い部分である支持層というところに到達するまで何個も打ち込んでいきます。到達を確認したところでジャッキを設置していきます。

    家の傾き工事 <ジャッキアップ>

    各ポイントにジャッキの設置が完了したところで、ジャッキで家を持ち上げる作業に移ります。持ち上げ作業も手動で行います。設置したジャッキに操作レバーを取り付け、各自、各ポイントに潜りこんで、合図する人の掛け声で同時に持ち上げます。

    家の傾き工事 <束調整>

    ジャッキで家を持ち上げた際に束と束石の間に隙間が空くのでその部分を調整していきます。
    家の傾き束調整
    写真は調整した後になります。このような感じですべての束と束石の隙間を整えていきます。

    家の傾き工事 <充填注入>

    いよいよ家の傾き工事も終盤を迎えていきます。
    充填注入では、ジャッキで持ち上げた際にできる隙間を注入作業で埋めていきます。A液(セメント)とB液(珪酸)を同時に地面へとおくっていきます。ちなみにB液(珪酸)は使用しない場合もあります。
    家の傾き充填注入

    家の傾き工事 <施工完了>

    施工前とあまり変わらない状態にまで仕上げて作業完了です。
    家の傾き施工完了
    一通り工事の流れをご紹介致しました。他の業者さんと作業内容は多少違う部分はあると思いますので、参考程度に受け取ってください。
    >>詳しく見る
まずはこちらからご覧ください お家の傾きレスキューが全国の皆様に選ばれる5つの理由とは? 地盤改良 ベタ基礎 布基礎 杭基礎
相談のみOK お家の傾きレスキュー 無料レーザー診断 地盤工事のプロにご相談ください! 地震 土地 気候 敷地 環境 地域 耐震 耐久 健康 保証 引渡 予算 制約 アフターサービス
地盤工事のプロにご相談ください! 相談のみOK お家の傾きレスキュー 無料レーザー診断 エクステリア 門 塀 カーポート 表札 ポスト 排水管 水道管 ガス管 外壁や内壁のヒビ ドア 窓のズレ 床のゆがみ